保育士のさらなる処遇改善

平成28年度から中野区で働く保育士に上限50,000円の家賃補助制度が導入されました。(1園につき3人まで)
不足する保育士確保と更なる処遇改善の為に、 日野たかしは本制度を導入している多くの区と同程度に上限額をあげるべき、 また利用者の上限3人という枠も撤廃し、希望者全員が利用できるようにするべきと提案
平成30年度より 補助額が82,000円に拡充。
更に 利用者枠の制限も撤廃 されました。